魔法都市の人狼

2016年4月9日

魔法都市の人狼の購入はこちら

人狼ゲームとは、

毎晩人間を食べて村を滅ぼそうとする怪物 人狼

人狼を退治しようという人間

二つのチームに分かれて行うコミュニケーションゲームです。

まず、カードを配り人狼と人間のチーム分けを行います。全員が目をつぶった状態で人狼同士の顔合わせを行い、仲間であることを確認してからゲームがスタートします。

ゲームの参加者は毎日人狼を探すための会議を行い。その後一人一人が人狼だと思う者にそれぞれ投票し、最多得票者を追放します。一方人狼は会議が終わり夜がやってくるたびに人間を一人、襲います。

会議の中で人狼はをつき、人間はそれを見抜く。

あなたが投票して追放される人物は人狼ではなく市民かもしれません。人狼にだまされた仲間達が市民のあなたを疑うことも…。

誰が味方で誰が敵なのか分からない。

極限の緊張感 の中で行われる 心理戦を楽しむことができる。それが人狼ゲームです。

生存している人間の数を減らし、最終的に「人狼の数」と「人間の数」が同数になれば人狼の勝利。人間は追放によってすべての人狼を倒すことができれば勝利となります。

 

従来の人狼ゲームには弱点があります。

それはゲームの序盤、特に初日に処刑された者はゲームを楽しめる時間が短いということです。

その弱点を補った新しい人狼ゲームが魔法都市の人狼です!

ファンタジー世界を舞台としたこの人狼ゲーム。通常の人狼ゲームと全く違うのは、イベントカードと呼ばれるカードが存在することです。

空に浮かぶ世界――天空界

その中心――魔法都市ノリア

世界中の人間と技術が集まるこの場所である日事件が起きる。

次々と獣に食い荒らされたような死体が見つかったのだ。

この事件を解決するために、政府直轄の怪奇事件専門調査団が動き出す。

しかし、既にその調査団にも事件の首謀者の手が伸びていた。

調査団の中に紛れ込んだ異端者――狂人

そしてその異端者が作り上げた怪物――人狼

二つの存在が調査団の中に紛れ込んでいたのだ。

調査団を救うため、街を守るため。

魔法都市全土を舞台とした戦いが始まる。

魔法都市の人狼の最大の特長がこの「イベントカード」があることです。

イベントカードは毎ターン、投票によって追放された人間によって1枚選択され、効果を発動します。

完全にランダムで追放者がイベントカードを選択する。もしくは二枚のカードをランダムで引き、そのどちらかを追放者が選ぶ。他にもイベントカードを選ぶパターンはあるのですが、いずれにしても追放者が選んだイベントカードの効果によって、ゲームの状況が変化します。

 

この他にも25種類のイベントカード を用意しております。それらを組み合わせることで 何通りもの人狼ゲームを楽しむことができるのです。

イベントを使い、ゲームを動かした瞬間は痛快で、ゲームから追放されたあとも、確かに自分の力が影響していることを通常の人狼ゲームより強く感じることができます。

カードを選ぶ。このスリルのために「投票されたい」という発言が飛び出すほどです。

 

魔法都市の人狼の魅力はイベントカードだけではありません。この他にもオリジナルの役職カードも用意しております。

竜:騎士と共に目を開けて、護衛先を一緒に決める。ただし竜が死ぬと騎士は能力を失う。騎士が死んだ場合、護衛することはできない。騎士または竜は護衛できない。

ゴーレム:正体を判別する能力者(予言者など)に正体を確認されると、人狼判定が出る。ゴーレムが生きているときに人間側に不利なイベントが発生した場合、イベント内容が発表されたうえで自動的にイベントカードの効果が無効になる。
(防ぐことができるイベントはカードに記載されている)

精霊使い:毎晩誰か一人を守ることができる。ただし精霊使いが夜人狼に襲われた場合、その夜守っていた者も一緒に死ぬ。

魔眼の人狼:毎晩誰か一人を指定する。指定された者は翌日の議論の最初の一分間、発言できなくなる。(ジェスチャーなども禁止)

 

通常の人狼ゲームでも魔法都市の人狼でも勝つためにはいくつかのコツがあります。一口にコツといってもその数は無限大で人それぞれにその人向けのコツがあります。その中のいくつかを紹介しましょう。

あなたが「人間」で勝つためには、全員の話を聞けるように議論を回す。常に怪しい者を探す姿勢を見せる。あなたが「人狼」で勝つためには、嘘をつく(予言者を名乗ってみるなど)。常に怪しい者を探す姿勢を見せる。

また、ゲームで勝つこととは別に人狼ゲームを楽しむコツもいくつかあります。強すぎる言葉を使わない。笑顔を大事にしましょう。全員がしゃべれるように議論を回す。初心者の人がいるときは初心者にもわかりやすい議論を心がける、などです。

■プレイ人数:6-23人
(あくまで目安です。多少ルールは簡易的になりますが4人でも遊ぶことができます。また時間はかかりますが17人以上で遊ぶこともできます)

■内容物

もちろん、通常の人狼ゲームも遊べるセット内容になっているので、これから初めて人狼ゲームで遊びたいという方にもおすすめできる内容です。

誰もが遊べる千変万化の人狼、魔法都市の人狼。

この作品をいろんな人に遊んでほしい。
たくさんの人に人狼ゲームを知ってほしい。
人狼ゲームが秘める無限の可能性を知ってほしい。
その思いから、魔法都市の人狼の製品化することを決めました。

GMのやり方はこちら

役職の組み方についてはこちら

その他のツールについてはこちら

魔法都市の人狼の購入はこちら

 

PVの編集やOPが気に入ってくれた方はこちらもどうぞ、赤点計画はテレビゲームの実況も行っています

ボロボロゲーム動画工房